託すに応える/福岡でのマンション経営・マンション投資・投資用中古マンションのことならセカンド住販

あなたの未来の笑顔のために、
共に悩み共に考える、セカンド住販

福岡で皆さまのマンション経営をサポートするセカンド住販は、福岡を中心に投資用マンションや中古マンションに特化し、皆さまの不動産投資やお住まいに関するリクエスト(託す)にお応えできる企業を目指しております。
お客様の「生活に」「環境に」「将来の事に」気を配りながら、常にその時代のニーズにお応えできるよう日々努力をしてまいります。
福岡におけるマンション経営やお住まいに関することや物件にいたるまで、お気軽にご相談ください。

ページのトップへ

セカンド住販からのお知らせ

ページのトップへ

オススメの投資用中古マンション

佐賀市愛敬町 テナント物件 佐賀市愛敬町 テナント物件 イメージ
佐賀県佐賀市
価格 480万円 利回り お問合せ 佐賀県佐賀市の投資用中古マンション「佐賀市愛敬町 テナント物件 階」の詳細はコチラ
ページのトップへ

年金支給も不安な将来!
早めの資産形成を考ませんか?

まだ若いので老後のことなんて考えなくていいと思っていませんか? でも、想像以上に老後の生活にはお金がかかります。 総務省統計局が平成27年2月17日に発表した『家計調査報告(家計収支編)―平成26年(2014年)平均速報結果の概況―』で、高齢夫婦無職世帯(夫65歳以上,妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯)の実収入は207,347円で、消費支出と非消費支出の合計268,907円と比較して毎月61,560円も不足しているとの調査結果が出ております。 もし老後の生活が20年あるとすると、約1,500万円の資金を貯めておく必要があります。 さらに、ゆとりのある生活をおくるのであれば、さらなる資金が必要になります。 また、病気のときなどのリスクに備えたお金も必要になります。 このように将来のリスクに備えるためにも、若いうちから少しずつ資産形成をしておくことが重要な時代になったのです。

では、将来のリスクに備えて資金を貯めるには何をしたらよいのでしょうか?

超低金利の預貯金だけでは、十分な資産を形成することは困難です。 国債などの債権も同じく、現状では金利が低いことが難点です。 株式投資やFXなどは価格変動が激しく、大きな利益を期待できる反面、元金を損失してしまう可能性もあり、長期的に資産形成できるかは微妙です。 そこで、リスクもリターンもそのちょうど中間に位置する『マンション投資』がおすすめなのです。

マンション経営は、インカムゲイン・ロングリターンの確実な投資方法

ページのトップへ